出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

に関する引用句と諺。

引用[編集]

  • ものさびしくあはれなる体、秋の本意なり。--『至宝抄』
  • やうやう夜寒になるほど、雁鳴きてくる比、萩の下葉色づくほど、早稲田刈り干すなど、とり集めたる事は、秋のみぞ多かる。 -吉田兼好『徒然草』第十九段
  • 秋風秋雨、人を愁殺す。 -秋瑾
    秋風秋雨愁煞人。

春秋の争い[編集]

  • 秋山の 木の葉を見ては 黄葉もみぢをば 取りてぞ偲ふ 青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 秋山吾れは --額田王「春秋競憐」『万葉集』
    • 秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曽思努布 青乎者 置而曽歎久 曽許之恨之 秋山吾者
  • 心から 春待つ園は わが宿の 紅葉を風の つてにだに見よ --秋好中宮(『源氏物語』胡蝶)
  • 秋になりて、月いみじう明かきに、空は霧りわたりたれど、手にとるばかりさやかに澄みわたりたるに、風の音、取りあつめたるここちするに、筝の琴かき鳴らされたる、横笛の吹き澄まされたるは、なぞの春とおぼゆかし --源資通(『更級日記』)
  • 春はただ花の一重に咲くばかり物のあはれは秋ぞまされる --よみ人知らず『拾遺集』

秋の夕暮[編集]

  • 秋は、夕暮。夕日のさして、山のいと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。-- 清少納言三巻本系『枕草子』
  • さびしさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮 -寂蓮『新古今和歌集』秋上・361
  • こころなき 身にもあはれは しられけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮 -西行『新古今和歌集』秋上・362
  • 見渡せば 花ももみぢも なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮 -藤原定家 『新古今和歌集』秋上・363
  • 菜もなき 膳にあはれは しられけり 鴫焼茄子の 秋の夕暮 -唐衣橘州

初秋[編集]

  • 秋来ぬと目にはさやかに見えねどもの音にぞおどろかれぬる -藤原敏行 秋上・169
  • 昨日こそ早苗とりしかいつのまに葉そよぎて秋風のふく -よみ人しらず 秋上・172
  • 秋のけはひ入り立つままに、土御門殿の有様、いはんかたなくをかし。池のわたりの梢ども、遣水のほとりの草むら、おのがじし色づきわたりつつ、おほかたの空もえんなるにもてはやされて、不断の御読経の声々あはれまさりけり。やうやう涼しき風のけはひに、例の絶えせぬ水のおとなひ、夜もすがら聞きまがはさる。 -紫式部『紫式部日記』

秋草[編集]

  • 秋の野の尾花が末の生い靡き 心はに寄りにけるかも - 柿本人麻呂『万葉集』
    秋野 尾花末 生靡 心妹 依鴨
  • ああ大和にしあらまししかば、
    いま神無月、
    うは葉散り透く神無備の森の小路を、
    あかつき露に髪ぬれて往きこそかよへ、
    斑鳩へ。- 薄田泣菫「ああ大和にしあらましかば」
  • りつつ秋高く消えにけり - 永井隆
長崎の原子爆弾を詠んだ短歌。

七夕[編集]

  • 秋風の吹きにし日より久方のあまのかはらにたゝぬ日はなし -よみ人しらず 秋上・173
  • 天の河あさせしら浪たどりつゝ渡りはてねばあけぞしにける -紀友則 秋上・177
  •   なぬかの夜の暁によめる
    今はとてわかるゝ時は天の川わたらぬさきに袖ぞひちぬる -源宗于 秋上・182
  •   やうかの日よめる
    けふよりは今こむ年の昨日をぞいつしかとのみまちわたるべき -壬生忠岑 秋上・183

秋の夜[編集]

  • このまよりもりくるのかげ見れば心づくしの秋はきにけり -よみ人しらず 秋上・184
  • わがためにくる秋にしもあらなくにの音きけばまづぞ悲しき -よみ人しらず 秋上・186
  • かくばかり惜しと思ふ夜をいたづらに寝であかすらん人さへぞうき -凡河内躬恒 秋上・190
  • 白雲にはねうちかはし飛ぶかりのかずさへ見ゆる秋の夜の月 -よみ人しらず 秋上・191
  • 月見ればちゞにものこそかなしけれわが身ひとつの秋にはあらねど -大江千里 秋上・193
  • 秋の夜のあくるも知らずなく虫はわがごと物やかなしかるらん -藤原敏行 秋上・197
  • 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ 我が衣手はにぬれつつ --天智天皇
  • 奥山に紅葉ふみわけなく鹿の こゑきく時ぞ秋はかなしき --猿丸太夫
  • ちはやぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは --在原業平朝臣
  • 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山を嵐といふらむ --文屋康秀
  • 月みれば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど --大江千里
  • 小倉山峰のもみぢ葉心あらば いまひとたびのみゆきまたなむ --貞信公
  • 心当てに折らばや折らむ初霜の おきまどはせる白の花 --凡河内躬恒
  • 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり --春道列樹
  • 白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける --文屋朝康
  • 八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね は来にけり -恵慶法師
    『拾遺和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • さびしさに宿を立ちいでてながむれば いづくもおなじ秋の夕暮--良暹法師
  • 夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろやに秋風ぞ吹く --大納言経信
  • 秋風にたなびく雲の絶えまより もれ出づる月の影のさやけさ --左京大夫顕輔
  • むら雨の露もまだひぬ槙の葉に たちのぼる秋の夕暮 --寂蓮法師
  • みよし野の山の秋風さ夜ふけて 故郷さむく衣うつなり --参議雅経

[編集]

  • 秋茄子はに食わすな。--日本の諺
  • 秋の日は釣瓶落とし。 --日本の諺
  • 高く肥ゆる秋。 --日本の諺

関連項目[編集]