ウィリアム・ブレイク

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ブレイク(トマス・フィリップ画)

ウィリアム・ブレイク(William Blake, 1757年 - 1827年)は、イギリスの詩人、画家、銅版画職人。『無垢と経験のうた』『天国と地獄の結婚』『ミルトン』『エルサレム』などが詩人としての代表作。

出典の明らかなもの[編集]

『無垢と経験のうた』[編集]

Songs of Innocence and of Experience

  • お上品な薔薇は 棘を出し
    へりくだったは 脅しのを出すが
    白いゆりは 愛のなかで 歓喜にむせ
    棘も脅しも そのまばゆい美を 穢すことなど 到底できない
    The modest Rose puts forth a thorn:
    The humble Sheep, a threatning horn:
    While the Lilly white, shall in Love delight,
    Nor a thorn nor a threat stain her beauty bright.
     (「ゆりの花」The Lilly )

『天国と地獄の結婚』[編集]

Marriage of Heaven and Hell

  • 永遠が生み出すものに恋する
    Eternity is in love with the productions of time (「地獄の格言」Proverbs of Hell )
  • を目にするとき 君は 天才の一部を目撃している 高いを見上げよ
    When thou seest an Eagle, thou seest a portion of Genius. lift up thy head! (「地獄の格言」Proverbs of Hell )
  • 怒り狂ったは 調教されたより 賢い
    The tygers of wrath are wiser than the horses of instruction (「地獄の格言」Proverbs of Hell )
  • は 流れなければ になる
    Expect poison from the standing water (「地獄の格言」Proverbs of Hell )
  • 現在 真実とされているものも かつては想像されたものでしかなかった
    What is now proved was once, only imagin’d (「地獄の格言」Proverbs of Hell )
  • 相反するものが存在しなければ 次の段階には進めない
    引き寄せられたり 反発したりすること
    理性とエネルギー
    愛と憎しみ
    これらは人間存在に不可欠なもの
    宗教にたずさわる者たちがこれら相反するものを切り離し善悪と名付けている
    善とは理性に従う消極的なもの
    悪とはエネルギーから生じる活動的なもの
    善は天国
    悪は地獄
    Without Contraries is no progression. Attraction and
    Repulsion, Reason and Energy, Love and Hate, are necessary to
    Human existence.
    From these contraries spring what the religious call Good &
    Evil. Good is the passive that obeys Reason[.] Evil is the active
    springing from Energy.
    Good is Heaven. Evil is Hell.
    (プレート 3 )
  • 1. 人間は魂から分離した肉体を持たない なぜなら肉体と呼ばれているものは 五官がとらえることができた魂の一部で 今の時代においては魂の主な入口だから
    2. エネルギーだけが唯一の生命で 肉体から生じる 理性はエネルギーの限界 あるいは外部の境界線
    3. エネルギーこそが永遠の歓喜
    1. Man has no Body distinct from his Soul for that calld Body is
    a portion of Soul discernd by the five Senses. the chief inlets
    of Soul in this age
    2. Energy is the only life and is from the Body and Reason is
    the bound or outward circumference of Energy.
    3. Energy is Eternal Delight
    (プレート4「悪魔の声」The voice of the Devil )
  • わたしが地獄で得た情報によると この世界が6千年の終わりに火で焼かれるだろうという古代からの言い伝えは 本当だ
    というのも炎の剣を手にしたケルビムが 生命の樹の護衛を離れるよう命令されているからだ
    ケルビムが護衛をやめると 全創造物は焼き尽くされ 現在の有限で腐敗した姿から 無限で神聖な姿へと変わる
    これは感覚的な楽しみを改良することによって達成されるだろう
    だがそのためにはまず 人間には魂と区別された肉体があるという考えを捨て去らなくてはならない
    わたしはこれを 腐食剤による地獄の手法を用いた印刷によって行いたいと思う
    この手法は 地獄では健康的で薬効があるものとされ 目に見える表面の姿かたちを溶かし去り 隠れていた無限なるものを開き見せてくれるものだからだ
    もし知覚のドアが開かれるなら すべてのものが
    ありのままのままに 無限の姿をとって見えるだろう
    これまで人間は自分自身を閉ざし すべてを洞窟の狭い隙間から覗き見るようにしていたに過ぎないのだから
    The ancient tradition that the world will be consumed in fire
    at the end of six thousand years is true. as I have heard from Hell.
    For the cherub with his flaming sword is hereby commanded to
    leave his guard at the tree of life, and when he does, the whole
    creation will be consumed, and appear infinite. and holy whereas
    it now appears finite & corrupt.
    This will come to pass by a improvement of sensual enjoyment.
    But first the notion that man has a body distinct from his
    soul, is to be expunged; this I shall do, by printing in the
    infernal method, by corrosives, which in Hell are salutary and
    medicinal, melting apparent surfaces away, and displaying the
    infinite which was hid.
    If the doors of perception were cleansed every thing would
    appear to man as it is: infinite.
    For man has closed himself up, till he sees all things thro'
    narrow chinks of his cavern.
     (プレート14)

『ミルトン』[編集]

Milton

  • 覚醒せよ
    新時代の若者たちよ
    無知なる金の亡者たちに
    真っ向から立ち向うのだ
     なぜなら連中は
    軍隊 法廷 大学に潜り込み
    できることなら永遠に
    精神の闘いを挫折させ
    肉の戦いを長引かせようとするだろう
    絵を描くものたちよ
    きみらに わたしは呼びかける
    彫刻を彫るものたちよ
    建物を建てるものたちよ
    当世風気取りの阿呆どもに屈し
    きみらのパワーを弱体化させてはならぬ
    Rouze up O Young Men of the New Age! set your foreheads
    against the ignorant Hirelings! For we have Hirelings in the
    Camp, the Court, & the University: who would if they could, for
    ever depress Mental & prolong Corporeal War. Painters! on you I
    call! Sculptors! Architects! Suffer not the fash[i]onable Fools
    to depress your powers
    (「序」Preface )

『エルサレム』[編集]

Jerusalem

  • 否定は対立ではない 対立物は双方がともに存在する
    けれど否定しあうものは 無
     排除しあうもの 不満ばかりを唱えるもの 信じることができないものたちも 無だ
     それらは永遠に組織化されることはないだろう
    もしきみが ぼくから離れたら きみは 否定になってしまう
    ぼくから導きだされたただの推論 ぼくからの逸脱 不服を唱える 残酷な 恨みと悪意と妬みになってしまう
    Negations are not Contraries: Contraries mutually Exist:
    But Negations Exist Not: Exceptions & Objections & Unbeliefs
    Exist not: nor shall they ever be Organized for ever & ever:
    If thou separate from me, thou art a Negation: a meer
    Reasoning & Derogation from Me, an Objecting & cruel SpiteAnd Malice & Envy:
    (プレート 17 )

外部リンク[編集]