二条院讃岐

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
Jump to navigation Jump to search

二条院讃岐にじょういんのさぬき、生没年未詳)は日本の歌人、女房。12世紀末から13世紀初めに活躍した。女房三十六歌仙の一。源頼政女。はじめ二条天皇に仕えたため、この名がある。

引用[編集]

  • わが袖は潮干に見えぬ沖のの人こそしらねかわく間ぞなき
    • 『千載和歌集』所収。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。『小倉百人一首』では第五句を「かわく間もなき」とする。
    • この歌により「沖の石の讃岐」と喧伝された。
  • 五月雨の雲まの月のはれゆくをしばし待ちける時鳥かな
    • 『新古今和歌集』所収。
  • なくの声もすずしき夕暮に秋をかけたる森の下露
    • 『新古今和歌集』所収。
  • 世にふるは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる初時雨かな
    • 『新古今和歌集』所収。宗祇「世にふるもさらに時雨のやどりかな」等の本歌。
  • 身のうさをやあらぬとながむれば昔ながらの影ぞもりくる
    • 『新古今和歌集』所収。

二条院讃岐に関する引用[編集]

  • 金吾の口伝のうちに、女房の故実に、兼日の懐紙なき時は、後白河院の仁安御歌合当座にて侍りけるに、讃岐参たりけるに、扇をさし出して題をたまはりけるとかや。まことにある中にきはもたちて、いみじく見えたりけるとなん申侍り。--藤原定家 『愚秘抄』

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも二条院讃岐の記事があります。