出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

についての引用。その豊かさや広がりを強調して大地とも。しばしば天空ないしその抽象化である「」と対比される。この意味での地は人間世界の全体とほぼ等しい意味をもつ。さまざまの文化において、地は生産性や豊かさを表象するとともに、下位にあるもの、卑賤なものの隠喩としても用いられる。また陰陽五行説では、陰、すなわち女性的なものと結び付けられる。

出典の明らかなもの[編集]

  • 創めに神が天と地を造った。- 創世記1:1
    ヴルガタ訳:In principio creavit Deus caelum et terram.
  • 神は彼らを祝福し、そしていわれた。「生めよ、増えよ、地に満てよ、地を従わせよ、海の魚と空の鳥と地の上を動くすべての生き物を支配せよ」 -創世記1:28
    ヴルガタ訳:Benedixitque illis Deus et ait illis Deus: "Crescite et multiplicamini et replete terram et subicite eam et dominamini piscibus maris et volatilibus caeli et universis animantibus, quae moventur super terram" .
  • 天地初発之時 --『古事記』太安万侶
    上巻の冒頭文。訓には諸説ある。
  • ホレーショよ、この天と地の間には、おまえの哲学が夢見る以上のものがあるのだ。--ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』第1幕第5場。ハムレットの台詞。

帰せられるもの [編集]

  • ああ勇敢なるトルコ女性よ、あなたは大地に這いつくばるのではなく、肩の上に広がる大空へと昇りゆくにふさわしい。--ケマル・アタテュルク

[編集]

関連項目・外部リンク[編集]

Wiktionary
ウィクショナリーにもの項目があります。