出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
Jump to navigation Jump to search

[編集]

に関する引用句。諺。てん、あめ、あまともいう。 天は空をより抽象的、哲学的、宗教的にとらえた言葉。


  • 過ぎて來るらし白妙の衣干したり天の香具山 (定訓)- 持統天皇
  • 春過而夏來良之白妙能衣乾有天之香來山 『萬葉集』巻1雑歌28
春過ぎて夏ぞ來ぬらし白妙の衣かはかすあまのかぐ山 『古来風躰抄』
「春すぎて夏來にけらし白妙の衣ほすてふ天のかぐ山」 『新古今和歌集』、『小倉百人一首』
  • の分かれし時ゆ さびて高く貴き
    駿河なる布士の高嶺を 天の原ふりさけ見れば
    渡るの影も隠らひ 照るの光も見えず
    白雲もい行きはばかり 時じくぞ雪は降りける
    語りつぎ言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は
    天地之分時從神左備手高貴寸
    駿河有布士能高嶺乎天原振放見者
    度日之陰毛隠比照月乃光毛不見
    白雲母伊去波伐加利時自久曽雪者落家留
    語告言継將往不盡能高嶺者 - 『萬葉集』巻三の三一七
  • 天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山にいでし月かも - 阿倍仲麻呂
  • 人生七十 力圍希咄 吾這寳劒 祖佛共殺 堤ル我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛 - 千利休
  • を相手とせず天を相手にせよ。天を相手として己を盡くし、人を咎めず、わが誠の足らざるを尋ぬべし。-西郷隆盛
    『大西郷遺訓』より
  • 天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト言エリ。サレバ天ヨリ人ヲ生ズルニハ、萬人ハ萬人皆同ジ位ニシテ、生レナガラ貴賤上下ノ差別ナク、萬物ノ靈タル身ト心トノ働キヲモッテ天地ノ間ニアルヨロズノ物ヲ資リ。モッテ衣食住ノ用ヲ達シ、自由自在、互イニ人ノ妨ゲヲナサズシテ各々安樂ニコノ世ヲ渡ラシメ給ウノ趣意ナリ。 ―― 福沢諭吉『學問ノスゝメ』
    冒頭文は翻訳による引用であり、この天は「キリスト教の神」をさす。
  • 天道是か非か
    天道是耶非耶 -- 司馬遷『史記』「伯夷列伝第一」
    善人が不幸になり、悪人が幸福を得る現実を前に、天の信賞必罰性に対して疑いを持たざるを得ないことを述べた言葉。
  • 創めにが天と地を造った。- 創世記1:1
    In principio creavit Deus caelum et terram.
英語から重訳。
  • 天は自ら助くる者を助く。 -ラ・フォンテーヌ『寓言集』
    "Aide-toi, le ciel t'aidera." -La Fontaine, "Fables, VI: 18"
  • 預言者たちは星であり月である。しかしキリスト太陽である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは天への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して生命へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。- マルティン・ルター
    "Die Propheten sind die Sterne und der Mond; aber Christus ist die Sonne. Gegen die Predigt Christi ist alles Nichts. Er ist beides, die erste und die letzte Stufe an der Leiter gen Himmel. Durch ihn müssen wir anfangen, fortfahren und hindurch zum Leben kommen. Ich verstehe in der Schrift nur Christus, den gekreuzigten."

[編集]