孟浩然

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孟浩然(もう こうねん、もう こうぜん、Mèng Hàorán、689年 - 740年)は中国唐代(盛唐)の代表的な詩人。襄州襄陽(現在の湖北省襄陽市)出身。字も浩然。一説には、名は浩だとも言われる。

引用[編集]

春暁[編集]

春眠不覺曉 處處聞啼鳥
夜來風雨聲 花落知多少

[書き下し文]

春眠しゅんみんあかつきを覚えず 処処しょしょ啼鳥ていちょうを聞く
夜来やらい風雨ふううの声 花落つること知る多少

宿建徳江[編集]

移舟泊煙渚 日暮客愁新
野昿天低樹 江清月近人

[書き下し文]

を移して煙渚えんしょに泊す
暮れて客愁新たに
野広くして天低くたれ
江清くして人に近し

臨洞庭[編集]

八月湖水平 涵虚混太清
氣蒸雲夢澤 波撼岳陽城
欲濟無舟楫 端居恥聖明
坐觀垂釣者 徒有羨魚情

[書き下し文]

八月湖平らかなり
虚を涵して太清に混ず
気は蒸す夢沢
は撼す岳陽城
済らんと欲するに楫無く
端居して聖明に恥ず
坐して釣を垂るる者を観るに
徒らにを羨むの情有り