出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

に関する引用

引用[編集]

  • 八月湖水平 涵虚混太清
    氣蒸雲夢澤 波撼岳陽城
    欲濟無舟楫 端居恥聖明
    坐觀垂釣者 徒有羨魚情 -- 孟浩然『臨洞庭』
    • [書き下し文]
    • 八月湖水平ら かなり虚を涵して太清に混ず
      気は蒸す雲夢沢 波は撼す岳陽城
      済らんと欲するに楫無く 端居して聖明に恥ず
      坐して釣を垂るる者を観るに 徒らにを羨むの情有り
  • 社会は波だ。波そのものは動き、前進していく。しかし波を作っているそのものはそこにとどまる。 -- ラルフ・ウォルドー・エマソン『エッセイ』
    • ドイツ語から重訳。
  • 契りきなかたみにをしぼりつつ末の松山波こさじとは -- 清原元輔『後拾遺和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • 名も知らぬ遠きより 流れ寄る椰子の實一つ/故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月 -- 島崎藤村『椰子の實』
  • の波立ちに漕ぎ隠る見ゆ -- 柿本人麻呂『萬葉集』巻七
  • 甍(いらか)の波と雲の波
    重なる波の中空(なかぞら)を
    かおる朝風に
    高く泳ぐや鯉のぼり -- 文部省唱歌『鯉のぼり』(作詞者不明)

関連項目[編集]