松本たかし

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本たかし (1906年 - 1956年)[編集]

まつもと たかし。東京都出身の俳人。

作品[編集]

松本たかし句集(昭和10年)[編集]

  • たんぽぽや一天玉の如くなり
  • 大空に莟(つぼみ)を張りし辛夷(こぶし)かな
  • 仕る手に笛もなし古雛(ひいな)
  • 羅(うすもの)をゆるやかに着て崩れざる
  • 金魚大鱗夕焼の空*我去れば鶏頭も去りゆきにけり
  • でんがくと白く抜いたり赤暖簾
  • 赤く見え青くも見ゆる枯木かな
  • 八方に山のしかかる枯野かな
  • 侘助の莟の先に止まる雪
  • 追ひかけて届く鯛あり大晦日

鷹(昭和13年)[編集]

  • 太太と氷一字の旗よろし
  • チチポポと鼓打たうよ花月夜
  • 高原の薄みぢかき良夜かな

野守(昭和16年)[編集]

  • 花辛夷人なつかしく咲きにけり
  • 砂丘行き秋燕を見しばかりなり

石魂(昭和28年)[編集]

  • 夢に舞ふ能美しや冬籠
  • 再の世を山とし生きむ駒ヶ岳の雪
  • 蟹二つ食うて茅舎を哭しけり
  • 深雪晴悲想非非想天までも
  • 実朝忌春動かむとしてためらふ
  • 雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと

火明(昭和32年)[編集]

  • などやらむ世に目まとひと生れ出で
  • 散らばりし筆紙の中の桜餅
  • 風邪の眼にかがよふ黄あり福寿草
  • 生死如是病苦また如是花が咲く
  • 海中(わだなか)に都ありとぞ鯖火もゆ
  • 虫の音の誘(いざな)ふ闇に行かず居り
  • 行く霧を追ひ越す霧や山上湖