紅葉

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

紅葉に関する引用。

引用[編集]

  • 林間にを煖めて紅葉を焼く 石上に詩を題して緑苔を掃ふ -白居易
    林間煖酒焼紅葉
    石上題詩掃緑苔
  • 妹許跡 馬鞍置而 射駒山 撃越来者 紅葉散筒--作者不明・万葉集 巻十・ 2201
    いもがりと うまにくらおきて いこまやま うちこえくれば もみちちりつつ
  • 奥山に紅葉ふみわけなく鹿の こゑきく時ぞ秋はかなしき --猿丸太夫
  • 小倉山峰のもみぢ葉心あらば いまひとたびのみゆきまたなむ --貞信公
  • 山川にのかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり --春道列樹
  • あらし吹くみむろの山のもみぢばは 龍田の川の錦なりけり --能因法師
  • 見渡せばももみぢもなかりけり浦のとまやのの夕暮 --藤原定家
  • 落ちて行く身を知りながら紅葉ばの 人なつかしくこがれこそすれ -和宮親子内親王
  • 秋の夕日に 照る山紅葉
    濃いも薄いも 数ある中に
    をいろどる 楓や
    のふもとの 裾模様--尋常小学校唱歌『もみじ』(高野辰之作詞)

関連項目[編集]