鹿

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿に関する引用句、諺。

出典の明らかなもの[編集]

  • 御覧なさい、彼は山を越え、丘を跳んでやってきます。/わたしの恋人はかもしかのよう、若い牡鹿のよう。--『雅歌』2:8-9
    ヴルガータ訳:Ecce iste venit / saliens in montibus, / transiliens colles. // Similis est dilectus meus capreae / hinnuloque cervorum.
  • 鹿を指してとなす。 -司馬遷『史記』「秦始皇本紀」
    • 指鹿為馬。
  • 世の中よこそなけれ思ひいるのおくにも鹿ぞ鳴くなる -藤原俊成
    • 『述懐百首』、のち『千載和歌集』(自撰)に収録

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも鹿の記事があります。