陳勝

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陳勝(ちんしょう ?-紀元前209年)は、末の農民反乱指導者。群雄の一人。
賦役人夫の護送中大雨で立ち往生の末、到着遅延による処刑を畏れて護送役人を斬り、呉広と共に集団を煽動して自立する。後に戦国七雄王の子孫を僭称し、中国大陸初の農民反乱からの政権張楚を起こす。しかし、次第に傲慢になり、その最期は御者の荘賈に寝首を掻かれるという哀れなものだった。

引用[編集]

史記[編集]

陳渉世家[編集]

  • 燕や雀のような小さな鳥(のような小人物)にどうして鴻鵠(大人物)の志がわかろうか。
    • 燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや
      燕雀安知鴻鵠之志哉
  • 王や諸侯、将軍、宰相には生まれながらの血筋によってなるのではない。(血筋に関係なくなることができる。)
    • 王侯将相いずくんぞ種あらんや
      王侯將相寧有種乎