順徳天皇

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
順徳天皇

順徳天皇 (じゅんとくてんのう、1197年 - 1242年)は後鳥羽天皇の皇子であり、84代目の日本の天皇。承久の乱(1221年)で敗れ、佐渡に流罪される。同所で没。異称に順徳院(じゅんとくいん)、佐渡院(さどのいん)。

引用[編集]

  • ももしきやふるき軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり
    • 『続後撰和歌集』収録。建保四年(1216)頃の二百首和歌の一首で、承久の乱の前。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • 同じ世の別れはなほぞしのばるる空行く月のよそのかたみに
    • 『新拾遺和歌集』収録。詞書「後鳥羽院かくれさせ給うて、御なげきの比、月を御覧じて」。後鳥羽天皇は1239年、流刑地の隠岐で崩御した。

『順徳院御百首』(1232年)[編集]

佐渡で自選した歌集。藤原定家と隠岐の後鳥羽院に送り、合点を求めた。定家の評が残っている。

  • ちくま川春ゆく水はすみにけり消えていくかの峰の白雪
    • 『風雅和歌集』にも収録。
  • 夢さめてまだ巻きあげぬ玉だれのひま求めてもにほふ梅が香
  • 秋風にまたこそとはめ津の国の生田の森の春のあけぼの
  • 人ならぬ石木いはきもさらにかなしきはみつの小島の秋の夕暮
    • 定家は「この三十一文字、また字ごとに感涙抑え難く候。玄の玄、最上に候」と絶賛している。
    • みつの小島は古今集陸奥歌「をぐろさきみつの小島の人ならば都のつとにいざといはましを」で知られる歌枕。
  • 霧はれば明日も来てみむ鶉鳴く石田いはたの小野は紅葉しぬらむ
    • 『続古今和歌集』にも収録。
  • 谷ふかき八峰やつをの椿いく秋の時雨にもれて年の経ぬらむ
  • 里わかぬ春の隣となりにけり雪まの梅の花の夕風
  • 暮をだになほ待ちわびし有明のふかきわかれになりにけるかな
    • 『続千載和歌集』に第四句「ふるきわかれと」として収録。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも順徳天皇の記事があります。