頼山陽

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
頼山陽

頼山陽(1781年 - 1832年)[編集]

らい さんよう。江戸時代後期の日本の歴史家、陽明学者、詩人。

引用[編集]

  • 鞭声粛粛夜を過る 暁に見る千兵の大牙を擁するを
    遺恨十年一を磨き 流星光底長を逸す 「不識庵の機山を撃つ図に題す」
    鞭聲粛々夜過河 暁見千兵擁大牙
    遺恨十年磨一劍 流星光底逸長蛇 『題不識庵撃機山圖』
  • の五条の糸屋の娘 姉は十六妹十四 諸国大名はで殺す 糸屋の娘は目で殺す
    • 第1句と第2句には異同がある。第1句を「大坂本町糸屋の娘」とするもの、また第2句を「姉は十七妹十五」とするものがある。

頼山陽に帰せられるもの[編集]

  • 汝草木と同じく朽ちんと欲するか
Wikipedia
ウィキペディアにも頼山陽の記事があります。