Wikiquote:保護の方針

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
ウィキクォートの管理者とその権限、管理者への依頼。

1. ウィキクォートへようこそ
2. 基本方針とガイドライン


3. 管理者とその権限
方針:削除 | 復帰 | 保護 | ブロック
依頼:削除と復帰 | 保護とブロック
その他の依頼 | 立候補と辞任


4. ウィキクォート・コミュニティ
5. メンテナンスの手引き


全文書(分類別) | 全文書(五十音別)

これは仮方針です。

この方針を正式に採用するかどうか、現在合意を形成中です。コメントはノートページへお願いします。

jawp jawt jawb jawq jaws jawn

総則[編集]

ページの保護は管理者が行うことができる機能のひとつです。保護されたページは管理者のみが編集及び移動並びに作成を行うことができます。この文書では、保護対象となるページ、保護されたページに対する管理者の編集、保護及び解除の依頼方法、移動保護及び解除の依頼方法、現在保護されているページについて記述します。

次のようなページに対して管理者は保護を掛けることができます。理由 2. 及び 3. による保護は一時的なものであることに留意して下さい。

  1. 不用意に改変されると困るページ(例:Wikiquote:Text of GNU Free Documentation License
  2. 複数のユーザによる編集合戦が起きているページ。なおこの際は、関係者の話し合いを促すため、必ずノートページへ誘導し、話し合いを呼び掛けること。
  3. 反復される荒らし行為の標的となっているページ。利用者ページへの保護もこれに含まれる。

保護を実施すると 特別:Log/protect にページ名・日時・理由などが書き込まれます。

原則として、管理者は保護するページに編集を加えるべきではありません。但し適当と考えられる版まで差し戻すことは可能です。これには次のような場合を含みます:

  • 荒らし行為の対象となったページを、荒らされる前の版へ戻す。
  • 編集合戦の起きているページで、編集合戦の始まる前で、且つ編集合戦の原因となった記述を含まない版へ戻す。

管理者は、自分が編集合戦の当事者となっているページに対して、原則として保護を行うべきではありません。

管理者を含め、全利用者はページの保護を依頼することができます。

管理者は、自分が当事者でない場合は、自分の判断で直ちに保護することができます。但し自分が一方の当事者であるときは、自分で保護せず、原則として保護を依頼して下さい。

保護の依頼[編集]

ページの保護を次に示す場所で依頼することができます。 保護を依頼するページとその理由を明確に述べて下さい。

但しチャットでは確実に管理者と連絡が取れるとは限らないことに注意して下さい。またチャットでの依頼でも、原則として依頼者は公開されます。

管理者は依頼を待たなくても自分の判断で保護を行うことができます。この場合は、必ず保護の要約欄あるいは保護したページのノートページに、保護を行った理由を書いて下さい。

保護の理由が既になくなったページに関しては、Wikiquote:井戸端で保護の解除を依頼して下さい。この場合、チャットでの依頼は受け付けません。解除を行う管理者を含めて、賛成が1名あれば、管理者はそのページの保護を解除して構いません。

移動保護[編集]

管理者はページの移動にのみ制限を掛けることができます。これを「移動保護」と呼びます。

管理者は以下のページに移動保護を施すことができます。

  1. 不用意に名称変更されると困るページ
  2. 複数の利用者による移動合戦が起きているページ。

その他、移動保護についての方針は、保護の方針一般に準じます。たとえばあるページを移動保護することを依頼する場合、あるいは保護の解除を依頼する場合の手続きは保護の方針と同様です。

保護されているページ[編集]

保護されているページを名前空間ごとにリストアップしています。

Main[編集]

Wikiquote[編集]

MediaWiki[編集]

関連ページ[編集]