原民喜

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

原民喜 (1905-1951)は日本・広島の詩人。1945年、広島にて被爆。1951年に自殺した。

出典の明らかなもの[編集]

  • コレガ人間ナノデス 原子爆弾に依ル変化ヲゴラン下サイ
    肉体ガ恐ロシク膨張シ
    モスベテ一ツノ型ニカエル
    オオ ソノ真黒焦ゲノ無茶苦茶ノ
    爛レタ顔ノムクンダ唇カラ洩レテ来ル声ハ
    「助ケテ下サイ」
    ト カ細イ 静カナ言葉
    コレガ コレガ人間ナノデス
    人間ノ顔ナノデス --『民喜詩集』「コレガ人間ナノデス」
  • が僕を攫つて行く瞬間まで、僕は小鳥のやうに素直に生きてゐたい。-- 「心願の国」
    • 遺作。遺書とともに『群像』編集部の大久保房男に郵送され、没後に発表された。

帰せられるもの[編集]

  • 遠き日のに刻み
    砂におち
    崩れ墜つのまなか
    一輪のの幻