核兵器

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

核兵器(かくへいき)とは、核反応による爆発を大量破壊に用いる目的で作られた兵器の総称。第二次世界大戦時広島、長崎に投下された。

引用[編集]

  • 核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず -- 非核兵器ならびに沖縄米軍基地縮小に関する衆議院決議(1971年11月24日)[1]
  • 原子爆弾を落さずとも 戦争はどうせ終っただろうにと、-- 峠三吉
  • 数年あとで原爆三号が使われようとした時も ねらわれたのはやはり 顔の黄色い人種の上だったということも -- 峠三吉
    「その日はいつか」『原爆詩集』
    • 数年あととは、1950年朝鮮戦争への原爆使用を示唆したハリー・トルーマン発言を指す。この発言が『原爆詩集』執筆の契機となったとされる。
  • コレガ人間ナノデス 原子爆弾に依ル変化ヲゴラン下サイ(中略) 「助ケテ下サイ」 ト カ細イ 静カナ言葉 コレガ コレガ人間ナノデス 人間ノ顔ナノデス -- 原民喜 「コレガ人間ナノデス」『民喜詩集』
  • りつつ空高く消えにけり --永井隆
    • 長崎の原子爆弾を詠んだ短歌。
  • ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ
    • 原水禁運動の標語原水爆禁止日本国民会議
    • 「ノーモア・ヒロシマ」の表現はすでに1949年の原民喜の著作に出てくる(原民喜「長崎の鐘」:永井隆著作への書評)。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも核兵器の記事があります。