土方歳三

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土方歳三 (1835 - 1869)[編集]

土方歳三(ひじかた としぞう、1835年5月31日-1869年6月20日)は、新選組副長。武蔵国多摩郡石田村出身。

豊玉発句集[編集]

  • 公用に 出て行く道や
  • 三日月の の底照る 春の雨
  • さしむかふ は清き 水かゞみ
  • 水音に 添てきゝけり 川千鳥
  • 門を 見こして見ゆる 春の月
  • 梅の 一輪咲いても は梅
  • 春の草 五色までは 覚えけり
  • うくひすや はたきのも つひやめる
  • あはら屋に 寝て居てさむし 春の月
  • しれば迷い しなければ迷わぬ の道
    • (この句には、丸く線囲みがしてある。俳諧の世界では丸の線囲みは取り消しを意味し失敗作と思われる)
  • しれば迷い しらねば迷ふ 法の道
  • 水の 山のや 春の月
  • 行くの 月日の流れ 蚊帳の外
  • 故郷に向かって 進む 五月
  • ふりながら きゆる雪あり 上巳こそ
  • 横に行 足跡はなし
  • 春雨や 客をかえして 客に行き

帰せられるもの[編集]

  • 鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照(てる)かと
    • 鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと。

幕末研究で知られる霊山歴史館(京都市)の木村幸比古・学芸課長によって、辞世の句ではないかと言う説が唱えられた。