尾崎放哉

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

尾崎放哉[編集]

尾崎放哉(おざきほうさい、1885年‐1926年)。日本の俳人。鳥取県出身の自由律俳句の代表的俳人。没後、師の荻原井泉水の編んだ句集『大空』(たいくう)(1926年)がある。(唯一の句集)

大空(大正15年)[編集]

「こんなよい月をひとりで見て寝る」
  • 大空のました帽子かぶらず
  • 夕日の中へ力いつぱい馬を追ひかける -一燈園にて-
  • 一日物云(い)はず蝶の影さす -須磨寺にて-
  • 波音正しく明けて居るなり
  • 仏にひまをもらつて洗濯してゐる
  • こんなよい月を一人で見て寝る
  • 糸瓜(へちま)が笑つたやうな円右(えんう)が死んだか
  • 一人分の米白々と洗ひあげたる -小浜にて-
  • 考えごとをしている田螺が歩いている
  • 蛙たくさん鳴かせ灯を消して寝る
  • 淋しいからだから爪がのびだす
  • 昼寝の足のうらが見えてゐる訪(おとな)ふ -京都にて-
  • 漬物石になりすまし墓のかけである -小豆島にて-
  • すばらしい乳房だ蚊が居る
  • 足のうら洗へば白くなる
  • 爪切つたゆびが十本ある
  • 入れものが無い両手で受ける
  • せきをしてもひとり
  • 一人の道が暮れて来た
  • 汽車が走る山火事
  • 月夜の葦が折れとる
  • 墓のうらに廻る
  • 枯枝ほきほき折るによし
  • 渚白い足出し
  • 肉がやせて来る太い骨である
  • はるの山のうしろからけむりが出だした