山部赤人

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山部赤人

山部赤人 (生没年不詳)[編集]

やまべのあかひと。奈良時代初期の日本の歌人。三十六歌仙の一。山邊赤人とも表記。

和歌[編集]

  • の分かれし時ゆ さびて高く貴き
    駿河なる布士の高嶺を 天の原ふりさけ見れば
    渡るの影も隠らひ 照るの光も見えず
    白雲もい行きはばかり 時じくぞ雪は降りける
    語りつぎ言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は
    天地之分時從神左備手高貴寸
    駿河有布士能高嶺乎天原振放見者
    度日之陰毛隠比照月乃光毛不見
    白雲母伊去波伐加利時自久曽雪者落家留
    語告言継將往不盡能高嶺者 -- 『萬葉集』巻三の三一七
  • 反歌 田子の浦ゆうち出でてみれば真白(ましろ)にそ不尽の高嶺に雪は降りける - 『萬葉集』巻三の三一八
  • 田子の浦ゆ うちいでてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける
    田兒之浦從 打出而見者 眞白衣 不盡能高嶺尓 雪波零家留 -- 『萬葉集』巻三の三一八「山部宿祢赤人望不盡山歌一首 并短歌」の反歌
    藤原定家編小倉百人一首には「田子の浦に うちいでてみれば 白妙の 富士の高嶺に は降りつつ」
  • 若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 芦辺をさして 鳴き渡る
    若浦爾 鹽滿來者 滷乎無美 葦邊乎指天 多頭鳴渡 -- 『萬葉集』巻六の九一九

山部赤人に関する引用[編集]

  • 紀貫之『古今和歌集』「仮名序」
    人まろはあかひとがかみにたたむことかたく あか人は人まろがしもにたたむことかたくなむありける
Wikipedia
ウィキペディアにも山部赤人の記事があります。