出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
Jump to navigation Jump to search

についての引用。

出典の明らかなもの[編集]

  • かくてぞ、花をめで鳥をうらやみ霞をあはれび露をかなしぶ心、ことば多くさまざまになりにける。--紀貫之『古今和歌集』仮名序
  • ちぎりおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋もいぬめり --藤原基俊
    • 『千載集』雑上に収録。『小倉百人一首』にも採られる。
  • 村雨の露もまだひぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 --寂蓮
    • 『新古今和歌集』収録。『小倉百人一首』にも採られる。
  • 露の身はここかしこにて消えぬとも心は同じ華のうてなぞ--法然『勅修御伝』
    • 建永2年(承元元年・1207年)讃岐国に流罪になる際に、九条兼実に贈ったと伝える。
  • 化野の露消ゆる時なく、鳥部山の煙立ちさらでのみ住み果つる習ひならば、いかに物の哀れもなからむ。世は定めなきこそいみじけれ。--吉田兼好『徒然草』七段
    • 化野(あだしの)、鳥部山(とりべやま)は中古より京における葬りの場。
  • 今日よりや書付消さん笠の露  --松尾芭蕉『おくのほそ道』
    • 同行していた曾良との別れに際して。
  • 草露白し。鶺鴒鳴く。玄鳥去る。--『略本暦』「白露」(1874年/明治7年)
    • 本朝七十二候。七十二候はもと中国のものであるが、江戸時代に日本化された。白露は二十四節気の1つで、現代では9月8日ごろ。およびこの日から秋分までの期間。玄鳥とは