十月

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十月
「十月」『ベリー公のいとも華麗なる祈祷書』

十月(じゅうがつ)に関する引用。陰暦十月を援用して神無月(かんなづき)とも。

引用[編集]

  • 神無月の頃、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入る事侍りしに、遙かなるの細道をふみわけて、心細く住みなしたる庵あり。木の葉にうづもるゝ筧のならでは、つゆおとなふものなし。閼伽棚に、紅葉など折りちらしたる、さすがに住む人のあればなるべし。かくても在られけるよと、あはれに見る程に、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわゝになりたるが、まはりを嚴しく圍ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覺えしか。 -- 吉田兼好徒然草』11段
  • 十月の葉はおのずから寒気によって黄に色づく。--ジョン・ラスキン「月々の歌」(1834年頃)
    October's foliage yellows with his cold -- The Months
  • 十月。株に投資するには最も危険な月の一つだ。それ以外の危険な月として、七月、一月、九月、四月、十一月、五月、三月、六月、十二月、八月、二月がある。--マーク・トウェイン『ノータリン・ウィルソンの悲劇』第13章(1894年)。
    October. This is one of the peculiarly dangerous months to speculate in stocks. The others are July, January, September, April, November, May, March, June, December, August, and February. -- Mark Twain, The Tragedy of Pudd'nhead Wilson, Ch.13.[1]
  • ああ、大和にしあらましかば、 いま神無月 --薄田泣菫「ああ大和にしあらましかば」、『白羊宮』(1906年)

注釈[編集]

  1. Gutenberg Project http://www.gutenberg.org/files/102/102-h/102-h.htm, 2015年10月21日 (水) 21:46 (UTC)アクセス

関連項目[編集]

一年
一月 二月 三月 四月 五月 六月
七月 八月 九月 十月 十一月 十二月
四季


外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも十月の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリーにも十月の項目があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズ十月に関するメディアがあります。