長崎県

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
長崎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

長崎県に関する引用句、諺。肥前対馬壱岐とも呼ばれる。


引用[編集]

  • 朝あけて船より鳴れる太笛のこだまはながし竝(な)みよろふ山 -斎藤茂吉『あらたま』
    • 長崎医専教授として赴任した長崎の印象。『あらたま』の巻末歌。

対馬[編集]

  • 対馬(つしま)の嶺(ね)は 下雲(したぐも)あらなふ 可牟(かむ)の嶺(ね)に たなびく雲を 見つつ偲(しの)はも
    万葉集』巻十四・3516
  • 百船(ももふね)の 泊(は)つる対馬の 浅茅山(あさぢやま) しぐれの雨(あめ)に もみたひにけり
    『万葉集』巻十五・3697
  • 竹敷(たかしき)の 玉藻(たまも)靡(なび)かし 漕ぎ出(で)なむ 君がみ船を いつとか待たむ
    『万葉集』巻十五・3705

[編集]

外部リンク[編集]

日本の都道府県
Wikipedia
ウィキペディアにも長崎県の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリーにも長崎県の項目があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズ長崎県に関するメディアがあります。