静岡県

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

静岡県に関する引用句、諺。伊豆、駿河、遠江の3つの地域に分けられる。

引用句[編集]

  • 時知らぬ山は富士の嶺いつかとて 鹿の子まだらにの降るらむ
    伊勢物語』第九段
  • 駿河なる宇津の山べにうつつにもにも人にあはぬなりけり
    伊勢物語』第九段
  • さつさつとあゆむにつれて旅衣ふきつけられしはままつの風
    十返舎一九 『東海道中膝栗毛』三編下
  • 田子(たご)の浦(うら)ゆ うち出(い)でて見れば 真白(ましろ)にぞ 富士の高嶺(たかね)に 雪は降りける
    山部赤人『万葉集』巻三・318
  • 霰(あられ)降(ふ)り 遠(とほ)つ淡海(あふみ)の 吾跡川(あとかは)楊(やなぎ) 刈れども またも生(お)ふといふ 吾跡川楊
    『万葉集』巻七・1293
    遠つ淡海は遠江のことで、現在の浜名湖を指す。楊はネコヤナギ。
  • 遠江(とほつあふみ) 引佐(いなさ)細江(ほそえ)の みをつくし 我(あ)れを頼(たの)めて あさましものを
    『万葉集』巻十四・3429
  • 箱根八里はでも越すが、越すに越されぬ大井川
    民謡『箱根馬子唄』
  • 富士山のフ
    和文通話表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本の都道府県
Wikipedia
ウィキペディアにも静岡県の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリーにも静岡県の項目があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズ静岡県に関するメディアがあります。