出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

に関する引用、諺。

引用[編集]

夏と衣[編集]

  • 春すぎてなつきにけらししろたへのころもほすてふあまのかぐ山 --『新古今和歌集持統天皇御哥
    春過而夏來良之白妙能衣乾有天之香來山 --『萬葉集』持統天皇(巻1雑歌28)
  • おしめどもとまらぬはるもあるものをいはぬにきたる夏衣かな --『新古今和歌集』素性法師
  • 五月こばなきもふりなむ郭公まだしきほどのこゑをきかばや --『古今和歌集伊勢
  • さつきまつ花橘のかをかげば昔の人の袖のかぞする --『古今和歌集』よみ人しらず
  • 夏はよる 月のころはさらなり やみもほたるのほそくとびちがひたる またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし あめなどのふるさへをかし -- 清少納言 『枕草子』前田家本
  • 家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比、わろき住居は堪へがたき事なり。- 吉田兼好『徒然草』五十五段
  • きみを夏の日に喩えようか。/君はさらに美しく、さらに優しい。--ウィリアム・シェイクスピア
    Shall I compare thee to a summer's day?
    Thou art more lovely and more temperate
    -- William Shakespeare , The Sonnets , XVIII (18)
  • 夏の午後(Summer afternoon)―夏の午後。私には、英語のなかでもっとも美しいことばだ。--ヘンリー・ジェームズ
    Summer afternoon— summer afternoon; to me those have always been the two most beautiful words in the English language. -- Henry James
  • 夏嵐机上の白紙飛び尽(つく)す --正岡子規
  • ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟 -与謝野晶子

[編集]

  • 飛んでに入る夏の --日本の諺
  • 夏歌う者は泣く --日本の諺
  • 夏の小袖 --日本の諺
  • 貰う物は夏も小袖 --日本の諺

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアに関する記事があります。