出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

に関する引用と諺。

引用[編集]

  • あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む --柿本人麻呂『万葉集』
  • 細草微風の岸/危檣独夜の
    垂れて平野闊(ひろ)く/湧きて大江流る --杜甫「旅夜に懐を書す」
    細草微風岸 危檣独夜舟
    星垂平野闊 月湧大江流 「旅夜書懐」
  • てりもせずくもりもはてぬ春の夜のおぼろ月夜にしく物ぞなき --大江千里
  • みかきもり衛士のたくの夜はもえは消えつつ物をこそ思へ --大中臣能宣『詞花和歌集』所収
  • の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ --清原深養父
  • 枕だにしらねばいはじ見しままに君かたるなよ春の夜の夢 --和泉式部
    『新古今和歌集』収録。
    『和泉式部続集』では「枕だにしらねばいはじ見しままに君かたるな春の夜の夢」とする。
  • 春の夜の夢はかりなる手枕に甲斐なくたたん名こそおしけれ -- 周防内侍
    • 『千載和歌集』、『小倉百人一首』に収録 。
  • きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む --藤原良経『新古今和歌集』所収。
  • この世の名殘り、夜も名殘り。死に行く身をたとふればあだしが原の道の霜。一足づつに消えて行く夢の夢こそ哀れなれ。あれ數ふれば暁の、七つの時が六つ鳴りて、殘る一つが今生の、金の響きの聞き納め。--近松門左衛門「道行の段」 『曽根崎心中』
  • 鞭声粛粛、夜河を過る/に見る、千兵の大牙を擁するを --頼山陽
    鞭聲粛粛夜過河 暁見千兵擁大牙 --『題不識庵撃機山図』
外部リンク探偵小説三十年/祖先と古里の発見──生誕碑除幕式のこと

[編集]

関連語句[編集]