出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

に関する引用。中古以降はの季題。

出典の確かなもの[編集]

  • 高砂のをのへの桜咲きにけり外山のかすみたたずもあらなむ --大江匡房
    『後拾遺和歌集』
  • 高瀬さすむつだの淀の柳原みどりもふかく霞むかな --藤原公経
    『新古今和歌集』。詞書に「建仁元年三月歌合に、霞隔遠樹といふことを」。
  • 山たかみ都の春を見わたせばただひとむらの霞なりけり --大江正言
    『後拾遺和歌集』
  • 吾邦(わがくに)ににてかすみと云ふものは、漢土(もろこし)に云ふ靄(あい)の字に当たれり --『栞草』(曲亭馬琴編・藍亭青藍補)

早春の霞[編集]

  • 春立つといふばかりにやみ吉野の山もかすみてけさは見ゆらん --壬生忠岑
    『拾遺和歌集』
  • きのふかもあられ降りしは信楽の外山の霞春めきにけり --藤原惟成
    『詞華和歌集』
  • ほのぼのと春こそ空にきにけらし天の香具山霞たなびく --後鳥羽天皇
    『新古今和歌集』

浅緑と霞[編集]

  • あさみどり野べの霞はつつめどもこぼれてにほふ花桜かな --よみ人しらず
    『拾遺和歌集』
  • あさみどり花もひとつに霞みつつおぼろに見ゆる春の夜の月 --菅原孝標女『更級日記』
  • あはれなりわが身のはてやあさみどりつひには野べの霞と思へば --伝小野小町
    『新古今和歌集』

霞の衣[編集]

  • 春のきる霞の衣ぬきをうすみ山風にこそ乱るべらなれ --在原行平
    『古今和歌集』
  • 佐保姫の霞の衣冬かけて雪げのそらに春は来にけり --藤原為氏
    『新後撰和歌集』
  • 行く春の霞の袖を引き留めてしぼるばかりや恨みかけまし --藤原俊成
    『新勅撰和歌集』
  • 或は天(あま)つ御空(みそら)の緑の衣
    又は春たつ霞の衣
    色香も妙(たへ)なり少女(をとめ)の裳裾(もすそ) --世阿弥『羽衣』