正月

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正月に関する引用句、諺。

引用句[編集]

  • 新しき年の始の初春の今日降るのいや重け壽詞 -大伴家持
新年乃始乃 波都波流能 家布敷流由伎能 伊夜之家餘其謄 --『萬葉集』巻二十
萬葉集巻末の歌。
  • みよし野は山も霞みて白雪のふりにし里に春は來にけり --藤原良経
新古今和歌集巻頭歌。壬生忠岑の「春立といふはかりにやみよしのの山も霞てけさはみゆらん」(拾遺和歌集)を本歌とする。
  • 門松は冥土の途の一里塚目出たくもあり目出たくもなし --一休宗純
  • 何となく、
    今年はよい事あるごとし。
    元日の、晴れて無し。--石川啄木

[編集]

  • 盆と正月が一緒に来た。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも正月の記事があります。