「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
* あら楽や思いははるる身は捨つる浮世の月にかかる[[雲]]なし - [[大石良雄|大石内藏助]]
:*内藏助が詠んだ[[辞世の句]]である。
 
*にしき織りなす長堤に 暮るればのぼるおぼろ月
げに一刻も 千金の ながめを何にたとふべき -武島羽衣「花」
 
*この乙[[女]]は誰か、[[曙]]のように現れ、月のように美しく、[[太陽]]のように輝き、恐るべきこと、旗を立てた軍勢のよう。 - [[聖書]]、雅歌 6:10
24

回編集

案内メニュー